安倍晋三への疑問

2016年が終わろうとしている12月30日。昨年12月28日の日韓合意前後からこれまで、安倍晋三さんへの失望と疑惑が日に日に膨らんでいます。

現時点での推定的結論

信じたくないので言い切れない。結論と断定してよいのかどうか迷いながらも状況は次のように変わったのではないかな。

安倍晋三は、保守から左に、政権の延命に針路を切ったと言われても仕方のない、左翼までを取り入れた事大主義。
現在の危機的状況をなぜ国民に訴えず隠してしまうのは全く間違っている。これに気付いているこれまで鉄板だった保守の支持を失っている。
今の政治家には知性も歴史観も何もない、利権に群がる輩ばかりと思うと未来は暗いことばかり。

安倍晋三は、日本よりも祖父・父親・自分の政治家としての功績ファーストで動いてる。
安倍晋三が日韓合意をしたのは、祖先を世界に向かって貶める事よりも、アメリカの意向を大切にした。
安倍晋三は父の遺志・北方領土交渉の解決を優先する余りに結果的に国益を損う道を選んだのかも知れない。
安倍晋三はロシアと中国が裏で手を繋いでいる可能性に目をつぶって、ロシアに危険な期待をした。
安倍晋三は真珠湾にわたり、広島の悲劇と真珠湾を天秤にかけた。

朝鮮半島の混乱がもっと進み、有事ともなれば日本に難民としてやってくる朝鮮人・韓国人が大量に押し寄せてくるのに、政府は何の手も打とうとしない。

親韓議員が韓国人の日本へのビザなし渡航を許可し、現在の非常事態にも取りやめようともしない。こんなことでは自民は反日政党と言われても仕方ないことです。

戦後70年もたてば、日本の国益のために働こうとする国会議員など減る一方です。今の国会議員に何の期待も出来ないのは、利権に群がり自分の利益を第一に優先している事からも明らかでしょう。

多文化共生は利敵スローガン

自民党が20万人/1年の移民受け入れを決めたようだが、これは本格的な日本の終わりの始まりの政策。おとなしい日本人の中に、何をしてでも利益を得たい中国人や韓国人などを中心に移民させると、日本人は自分の国でありながら、堂々と意見も言えず、移民の理不尽さに文句を言おうものなら「ヘイトスピーチ法」で「ヘイト」をしたと判断され黙っているしかないという体制を、自民党の西田を中心として作ってしまった。

民進党の有田芳生議員と通じた西田参議院議員は、わけのわからない理論をふりかざして、日本国民全体を売り渡してしまった。安倍晋三も賛成しているという所に、安倍晋三は最大の売国議員ではないかと疑惑を感じさせる。

次のような事件はまだ軽い方だが、移民政策は次々と弱い立場の日本人が犠牲になるという事。そんな危険な日本にすると分かっているのに、自民党をはじめ日本の政治にNO!というのが当然だろう。もう政治家も役所も無責任すぎた奴らだから、全員入れ替わってくれ。

多文化共生という事が成り立つとしたら、共生する民族がそれぞれが自律して相手を尊重することが必要。それができない民族であれば尊重する民族だけが馬鹿を見て割を食うことになってしまう。

中国人や朝鮮人・韓国人が相手の立場を尊重する人種かと言えば、絶対に「違う」。中には良い人もいるだろうという話はまやかしであって、平均的に見ると共生は無理。これで相手を非難すれば、「ヘイトスピーチ」とレッテルを貼られる日本人。ヘイトすピート法を作ったのは日本の自民党です。もう支持する事はできない。ただ、このことに気付いている日本人が少な過ぎることが大きな問題。テレビや新聞の番組ばかり見てるのではわかるわけがないし、この状況を打開する前に日本は壊れてしまう気がする。

だから国境を作って、それぞれの国が棲み分けている。文化も慣習も全く違う民族は、棲み分けることが大事であって、共生は弱い民族が虐げられ割を食うだけのこと。今のヨーロッパで、アメリカで元々居住していた本国人がどれだけ移民で苦しんでいるか、直ぐにわかることなのに、移民年間20万人。100年で2000万人受け入れなんて、日本は国土だけが残って民族が入れ替わってしまうだろう。

それを推し進めている「安倍晋三」を指示できるかというと、できないとしか言えない。

日韓合意で先の大戦で、日本のために戦って死んでいった普通の日本国民である兵隊を「20万人の処女を強制連行して、慰安婦に貶め最後は殺害した」悪魔だと認め韓国に謝罪し、10億円を支払う事から始まった一連の売国行為。

尖閣諸島に公務員を常駐するとか、TPP断固反対と言っておきながら全く逆の政策をすすむことに対し、何の説明もない。こんな安倍晋三に対して「何か深い考えがある」などという人がいるが、それが相手を慮るという日本人の考え方の悪い癖であって、希望的観測に過ぎない。目の前で起きている事を見る事の方が正確で大事なこと。

 

コメントを残す